1 minute read

アトピー原因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一種、または2つ以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる原因、など。 デトックスは、様々な栄養補助食品の使用やサウナで、こうした体の中の有毒な毒素を体の外へ排出しようとするテクニックの事を言うのだ。 細胞が分裂する速度を活発にし、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している最中には分泌されなくて、日が暮れてからゆっくりと身体を休めくつろいだ状態で分泌されるからです。

ことに夜22時~2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりがより一層促進されます。この夜10時から深夜2時の間に眠ることが一番良い肌の手入れ方法と考えています。 アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と関係性がある状態の中でも肌の継続的な症状(発赤・掻痒感など)が現れるものでこれも皮膚過敏症のひとつなのだ。

もともと、健康な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっていて、日々新しい細胞が誕生し、1日毎に剥落しているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保持しています。 肌の美白ブームには、90年頃からじわじわと女子高生などに広がりを見せたガングロなど、極度に日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの反対ともとれる精神が含まれているのだ。

顔などの弛みは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が溜まることにより悪化します。リンパ液の流通が鈍くなってくると色々な老廃物が溜まり、浮腫が発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるんでしまうのです。 下まぶたのたるみの解消策で効果が分かりやすいのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面の筋繊維は意識していないのに硬直していたり、心の状態に関係していることがよくあるのです。

全身に張り巡らされているリンパ管と並行するように運ばれている血行が悪化すると、必要な栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、結果的には不要な脂肪を増やす誘因となります。 現代社会を生きていく身としては、ヒトの体内には体に悪い影響を及ぼす化学物質が溜まり、そして己の体内でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが生産されていると言われているらしい。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃いシミをほんの数週間で薄い色に和らげるのにすこぶる有用な治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・ニキビ跡などに優れた効果があります。 美容外科(Plastic Surgery)が欠損などのない健康体に処置を加えるという美を追求する行為であるにも関わらず、危機管理や安全性の確立が万全ではなかったことが一つの大きな理由だと考えられている。

更に日々の生活のストレスで、心にまでも毒素は山ほど積み重なっていき、同時に身体の不調も招いてしまう。「心も体も毒まみれ」という意識が、多くの現代人をデトックスに駆り立ててやまない。 患者さんによって肌の質は違いますし、遺伝によるドライスキンなのか、それとも後天的な乾燥肌なのかに応じて治療法を変えなければいけませんので、想像以上に配慮を要します。