1 minute read

アトピーという病名は「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」と言うギリシャ語に由来しており、「何かしらの遺伝的な因子を保有している人のみに出現する即時型のアレルギーに基づく病気」として名付けられたのである。 なんとかしてキレイに見せたいと対策を考えてマッサージしてしまう方がいらっしゃいますが、こと目の下の皮膚は敏感で繊細なので、ゴシゴシとこするように力任せにおこなうだけの粗っぽいフェイシャルマッサージは不適当です。 20才を越えてから現れる難治性の“大人ニキビ”の女性が増加している。10年間大人ニキビに苦しみ続けている方々が専門の皮膚科クリニックに救いを求めてやってくる。 中でも夜の口腔内のお手入れは大切。“蓄積くすみ”を除去するため、寝る前はきちんと歯磨きすることをおすすめします。ただし、歯磨きは回数が多いほど良いわけではなく、その質に留意することが重要です。 現代社会を生きていく身の上では、身体の内部には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が取り込まれ、又自らの体内でもフリーラジカルなどの活性酸素が次々と発生していると報じられている。 「デトックス」法に危険性やトラブルは無いと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積するとされる「毒」というのはどんな物質で、その毒素とやらは果たして「デトックス」によって排出されるのだろうか? ネイルのケアという美容法は爪を更に美しい状態にすることを目標に掲げている為、ネイルの異常を調べる事はネイルケアのテクニック向上にきっと役立つし理に適っているといえるだろう。 「デトックス」というワード自体はそんなに目新しくはないが、これはあくまで健康法や代替医療のひとつに過ぎず、医師による治療とは違うことを認知している人は意外なまでに アトピー原因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピーのうち一種類、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる誘因、など。 ともかくも乾燥肌が日々の暮らしや周囲の環境に深く起因しているということは、日々の些細な身辺の習慣に気を配りさえすればかなり乾燥肌の悩みは解消するはずです。 肌の若さをキープするターンオーバー、言いかえると皮ふを生まれ変わらせることができる時間というのは実は限定されており、それは夜間に眠っている時だけだと考えられています。 頭皮の健康状態がおかしくなってしまう前に正しくケアして、健やかなスカルプを保つほうがよいでしょう。状況が悪くなってからお手入れを始めても、改善までに時間を要して、お金も手数も必要になるのです。 肌の奥底で誕生した肌細胞は時間をかけてお肌の表層へと移動し、最終的にはお肌の表面の角質となって、約28日後に剥がれ落ちます。このサイクルがターンオーバーの内容です。 加齢印象を高めてしまう主な原因の一つが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。歯の表側には、見えない凸凹があり、普段の生活の中で黄色い着色や食物カスの汚れが溜まりやすくなっています。 明治末期、洋行から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介し、これらを言い表す言葉のひとつとして、美容がけわいの代わりに使われ始めた。

1 minute read

アトピー原因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一種、または2つ以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる原因、など。 デトックスは、様々な栄養補助食品の使用やサウナで、こうした体の中の有毒な毒素を体の外へ排出しようとするテクニックの事を言うのだ。 細胞が分裂する速度を活発にし、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している最中には分泌されなくて、日が暮れてからゆっくりと身体を休めくつろいだ状態で分泌されるからです。 ことに夜22時~2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりがより一層促進されます。この夜10時から深夜2時の間に眠ることが一番良い肌の手入れ方法と考えています。 アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と関係性がある状態の中でも肌の継続的な症状(発赤・掻痒感など)が現れるものでこれも皮膚過敏症のひとつなのだ。 もともと、健康な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっていて、日々新しい細胞が誕生し、1日毎に剥落しているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保持しています。 肌の美白ブームには、90年頃からじわじわと女子高生などに広がりを見せたガングロなど、極度に日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの反対ともとれる精神が含まれているのだ。 顔などの弛みは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が溜まることにより悪化します。リンパ液の流通が鈍くなってくると色々な老廃物が溜まり、浮腫が発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるんでしまうのです。 下まぶたのたるみの解消策で効果が分かりやすいのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面の筋繊維は意識していないのに硬直していたり、心の状態に関係していることがよくあるのです。 全身に張り巡らされているリンパ管と並行するように運ばれている血行が悪化すると、必要な栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、結果的には不要な脂肪を増やす誘因となります。 現代社会を生きていく身としては、ヒトの体内には体に悪い影響を及ぼす化学物質が溜まり、そして己の体内でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが生産されていると言われているらしい。 ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃いシミをほんの数週間で薄い色に和らげるのにすこぶる有用な治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・ニキビ跡などに優れた効果があります。 美容外科(Plastic Surgery)が欠損などのない健康体に処置を加えるという美を追求する行為であるにも関わらず、危機管理や安全性の確立が万全ではなかったことが一つの大きな理由だと考えられている。 更に日々の生活のストレスで、心にまでも毒素は山ほど積み重なっていき、同時に身体の不調も招いてしまう。「心も体も毒まみれ」という意識が、多くの現代人をデトックスに駆り立ててやまない。 患者さんによって肌の質は違いますし、遺伝によるドライスキンなのか、それとも後天的な乾燥肌なのかに応じて治療法を変えなければいけませんので、想像以上に配慮を要します。

1 minute read

あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体に損傷を受けた人のリハビリテーションと同じく、顔や体の外観にダメージをこうむった人がもう一度社会に踏み出すために備えるテクニックという意味を持っています。 洗顔ソープなどできちんと汚れを洗い流すようにしましょう。ソープは皮膚に合ったものを使ってください。肌に合っているようなら、価格の安い石鹸でも問題ないし、固形石鹸でも何ら問題ありません。 美容成分としても有名なヒアルロン酸は人間の細胞間に多数存在しており、水分維持や緩衝材のような機能によって細胞を護っていますが、年齢を重ねるに従い体内のヒアルロン酸は日々減少していきます。 皮膚の奥深くで生み出された細胞はスローペースで皮ふの表層へと移動し、結果お肌の表面の角質となって、約4週間経てば自然に剥がれ落ちていきます。このサイクルがターンオーバーというわけです。 内臓矯正(軟部組織マニプレーション)とは近くの筋肉や骨が絡んで位置が合わない内臓を元々あったであろう場所に戻して臓器の作用を高めるという方法です。 いつも爪の健康状態に気を配ることで、一見何でもないようなネイルの異常や体調の異常に注意して、もっと自分に見合ったネイルケアをおこなうことが可能だ。 特に夜間の歯のブラッシングは大切。蓄積されたくすみを取り除くため、夜間はきちんと歯磨きすることをおすすめします。しかし、歯磨きは回数が多ければ良いわけではなく、内容の質に留意することが肝心なのです。 お肌の若々しさを保持する新陳代謝、言いかえると皮膚を生まれ変わらせることが可能な時は極めて決まっており、夜間に就寝している時だけです。 唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、皮ふのたるみはだんだん目立つようになっていきます。キュキュッと唇の両端を持ち上げて笑顔を心がけていれば、たるみの防止にもなるし、何より佇まいが素敵だと思います。 早寝早起きと並行して一週間に2、3回自分が楽しいと感じることをすると、健康度は上昇するのです。このような場合も起こるので、アトピー性皮膚炎にお困りの方は皮膚科の専門医を受診して相談してください。 日本皮膚科学会の判定の目安は、①掻痒感、②独特の皮疹とその点在ポイント、③反復する慢性的な経過、全てチェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)」と呼んでいる。 その上に毎日のストレスで、心にも毒素は山ほど積み重なっていき、身体の不具合も招いてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」という不安こそが、苛まれた私たちをデトックスへと駆り立てるのだ。 審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美しさを主軸に据えたトータルな歯科医療の分野。歯の働きには物を噛むなどの機能面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、2つとも健康面においてはとても重要な要素だと断言できる。 よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩身効果があり、デトックスされる、免疫力の向上など、リンパを流してしまえばあれもこれも大成功!という華やかな内容のフレーズが軒を連ねている。 明治末期、外国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介し、これらをまとめた日本語のひとつとして、美容がけわいという言葉に代わって使われるようになったとされている。

1 minute read

むくみの理由は人それぞれですが、気圧など気候による作用もあるということをご存知ですか。30℃を超える気温になって一日中汗をかく、この期間にむくむ因子が存在しているのです。 容貌を装うことで気持ちが活発になって余裕ができるのは、顔にトラブルの有る人も無い人も違いはありません。私はメイクを自分自身で元気を発見する最善の手法だと思っています。 早寝早起きはもちろんのこと、7日間あたり2回以上楽しい事をすれば、心と体の健康度合いは上昇するのです。こんな場合もあるので、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮ふ科専門医を受診して相談してみましょう。 クマを消そうとの一心で自己流のフェイシャルマッサージをする人もいるようですが、こと目の下の皮膚は薄いので、こするように強く圧力を与えるだけのフェイシャルマッサージであれば適しません。 日本人が「デトックス」に心惹かれる理由の一つに挙げられるのは、日本人が暮らす環境の汚さだ。空気や土壌は化学物質で汚染され、コメや果物などの食物には化学肥料や農薬が多くかけられていると言われている。 ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体の内部に澱のように溜まっているあらゆる毒を体の外へ出すというイメージしやすい健康法であくまで代替医療に類別される。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるようだ。 心臓から離れた位置にある下半身は、重力の関わりによってリンパ液の移動が悪くなることが一般的。というよりも、下半身の浮腫はリンパ液が少しだけ停滞していますよというサインのひとつ程度のものだと受け取ったほうがよい。 メイクアップのメリット:メイク後は自分の顔が少し好きになれる。顔にたくさんあるニキビ跡・くすみ・毛穴の開き・そばかす・傷が上手に隠れる。だんだんと可愛くなっていく楽しさや高揚感。 どこにも問題のない健康な身体にも起こるむくみだが、これはごくごく自然なこと。女の人は、脚のふくらはぎの浮腫を嫌がっているが、二足歩行の人間なら、下半身のむくみそのものはまっとうな状態である。 化粧の良いところ:自分自身の顔立ちを少しだけ好きになれる。顔に無数にあるニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷跡等を隠せる。ちょっとずつ素敵になっていく面白さ。 ネイルケアは、手足の爪とその周辺の手入れを指す言葉。美容だけでなく、健康、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life)の保全などありとあらゆる扱い方が可能で、既にネイルケアは確立された分野と言えるようだ。 湿疹等が出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内や表皮、肺、口腔内などによるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な原因、3.栄養面での要素、4.環境面での因子、5.これ以外の説などを列挙できる。 乾燥肌によるかゆみの要因のほとんどは、年齢を重ねることに縁る角質の細胞間脂質と皮脂の減少や、洗顔料などの使い過ぎに縁る皮ふのバリア機能の低下によってもたらされます。 さらに日々の生活のストレスで、精神にも毒素はどんどん積もっていき、身体の不具合も引き寄せる。こうした「心身ともに毒だらけ」という感覚が、我々をデトックスへと駆り立てている。 残業、終電帰りの食事会、深夜のスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当や朝食の支度…。肌が荒れてしまうということは承知していても、実際の生活では長時間の睡眠時間を確保できない方が多いようです。

1 minute read

そういう状況でほとんどの皮膚科医がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使用すれば6ヶ月くらいで元通りに持ってこれる事が多いようだ。 普段から習慣的にネイルの状況に気を付けておくことで、分かりにくい爪の変形や身体の異常に気を配り、より自分にふさわしいネイルケアを探し出すことができるようになるのだ。 明治の終わり頃、異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の格好、洋風の化粧品・美顔術などを紹介したことから、これらを新たに表現する単語として、美容がけわいに取って代わって扱われるようになった。 気になる目の下の弛みの改善策で最も有用なのは、顔のストレッチ体操でしょう。顔にある筋繊維は意識していないのに固まってしまったり、その時の精神の状態に関係していることがままあるようです。 美容悩みの解消には、まず最初に自分の臓器の具合をみることが、ゴールへの第一歩になります。然らば、一体どのようにして自分の内臓の具合が判明するのでしょうか。 メイクの長所:新製品が発売された時のドキドキ感。メイク前の素肌とのギャップの楽しさ。色々な化粧品に費用をかけることでストレスを解消できる。化粧そのものの好奇心。 皮膚の乾燥の誘因であるセラミドと皮脂の減少は、アトピーなど先天的な要素によるものと、老化現象や基礎化粧品や洗浄料による後天性の要素にちなんだものに分けられます。 多くの女性が「デトックス」の虜になる理由として考えられるのは、我々日本人が暮らしている環境が汚れていることにある。大気や土壌は化学物質で汚れ、野菜や果物などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬がたっぷり使用されていると噂されている。 ことさら寝る前の歯のブラッシングは大切。“蓄積くすみ”を除去するため、就寝前は丁寧に歯磨きしましょう。ただ、歯磨きは回数が多いほど良いわけではなく、その質に注意することが重要なのです。 医療がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を重視する空気に包まれており、製造業を始めとする市場経済の熟達と医療市場の急速な拡大もあって、容貌を自分好みに変化させられる美容外科は4~5年前ぐらいから人気のある医療分野だ。 肌細胞の分裂を促進して、お肌を再生させる成長ホルモンは昼間の活動している最中はほぼ分泌されず、夜、食事を済ませてゆったり身体を休め落ち着いている状態で出ます。 硬直した状態だと血行も滞りがちです。挙句、目の下などの顔のあらゆる筋繊維の力が低下します。そこで顔の筋繊維も適切なストレッチをしてあげて、時々緊張を解してあげることが大事になります。 美白というのは、黒色色素が薄く、更に白肌を重要視する美容上の観念、若しくはこのような状態の肌そのものを指している。主に顔の皮膚について使われる。 頬やフェイスラインの弛みは実年齢より老けて見える要因です。お肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の衰退が弛みをもたらしますが、実際は日々の暮らしにおける何気ない癖も原因になります。 化粧の悪いところ:涙が出てしまうと阿修羅のような恐ろしい顔になってしまう。ちょっと間違えただけなのに下品になったり自爆する羽目になる。ごまかすのにも限界があること。

1 minute read

心臓の遠くにある下半身は、重力の影響でリンパの流動が滞留するのが普通だろう。むしろ下半身がむくむのは、リンパが少しだけ停滞しているというしるし程度に捉えたほうがよい。 最近よく耳にするデトックスとは、身体の内側に溜まってしまったあらゆる毒を体外に出させるという健康法の一種でダイエット法というよりも代替医療に類別される。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるようだ。 皮ふの奥底で誕生した肌細胞は徐々に皮膚の表層へと移動し、最後は角質層となって、約4週間後に自然にはがれ落ちていきます。この仕組みがターンオーバーというわけです。 例えば…今、この文章を読みながら頬杖をついていたりしませんか?この行為は手のひらの圧力をめいっぱい直接頬に当てて、繊細な皮膚に余計な負担をかけることに繋がります。 美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、ヒトの体の機能上の欠損や変形の修正よりも、もっぱら美意識に基づく人の体の外観の改善を重視するという医療の一種であり、独立している標榜科目である。 メイクアップの短所:泣くとまさに修羅のような怖い顔になってしまう。うっかり間違えただけなのに派手になってしまい台無しになる。ごまかすのにも骨が折れること。 患者個々人によってお肌の質は違いますし、元々ドライ肌なのか、後天性のドライ肌なのかというタイプによって治療の仕方が大きく違ってきますので、想像以上に注意を要します。 メイクアップの欠点:泣いてしまうと修羅そっくりの顔になること。ほんの少し多くなっただけで下品になって地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすのにも骨が折れる。 肌のハリの源であるコラーゲンは、有害な紫外線にさらしてしまったり様々なダメージを何度も受けてしまったり、人間関係など精神的なストレスが積もり積もって、組織を壊され、あろうことか製造することが困難になっていくのです。 たくさん汗をかいて身体のなかの水分が著しく減少すると自然に尿の量が減らされて代わりに汗用の水分が溜められ、この過剰な水分が使われずに浮腫みの原因になっているということです。 見た目を整えることで精神的に元気になって大らかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も一緒。私たちはメイクアップを己の内側から元気を発見する最良の手法だと信じています。 美容外科というものは、要するに外科学の中の一つであり、医療を目的としている形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違っている。また、整形外科学とも間違われやすいのだがこれとはまったく分野の違うものである。 日本皮膚科学会の判定基準は、①掻痒感、②独特の皮疹とそのエリア、③慢性で反復性もある経過、3点全部合っているものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」といいます。 多くの女性に親しまれているピーリングとは、古くなった不要な角質層を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)することで、生成されたばかりの若くて整った肌に入れ替え、ターンオーバーを促す美容法なのです。 スカルプは顔の皮ふに繋がっており、額まではスカルプと一緒のものとみなすのをあなたは知っていますか。加齢に従いスカルプがたるむと、フェイスラインのたるみの要因となります。

1 minute read

下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力が加わってリンパの流れが悪くなるのが一般的。むしろ下半身に起こるむくみは、リンパがわずかに悪くなっていますよという証の一種程度に解釈したほうがよいだろう。 睡眠時間が足りないと人の肌にはどのような悪影響をもたらすのかお分かりですか?その代表ともいえるのが新陳代謝の遅れです。健康なら28日毎にある皮膚の生まれ変わるスピードが遅れがちになってしまいます。 よく女性誌や美容の書籍には、小顔や美肌、痩身効果があるし、デトックス作用、免疫の増進など、リンパの流れを促進すれば1大成功!という華やかな内容のフレーズが掲載されている。 中でも寝る前の口腔ケアは大切。溜まっているくすみを取り除くため、夜間は丁寧に歯磨きをしましょう。ただし、歯磨きは回数が多いほど良いわけではなく、1回1回のクオリティをアップさせることが大事だといえるでしょう。 洗顔フォームなどでさっぱりと汚れを取りましょう。せっけんは皮膚に合ったものを使用します。肌に合ってさえいれば、安いせっけんでも大丈夫ですし、固形石けんでも大丈夫です。 トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、色素の濃いシミを数週間単位という早さで薄く見せるのにすごく適した治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑・赤く残ってしまったニキビ跡などに優れた効果があります。 洗顔でちゃんと汚れを洗い流さなければなりません。ソープは皮膚に合ったものを選択します。自分の肌に合っているようなら、価格の安いものでも大丈夫ですし、固形せっけんでも何ら問題ありません。 アトピー要因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち一種類、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる誘因、など。 あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、肉体に損傷をこうむった人の理学療法のリハビリテーションと同様、容姿に損傷を負ってしまった人が社会復帰するために身につける技という意味を持っているのです。 浮腫みの原因は人それぞれですが、気候の影響も少なからずあるって知っていましたか。気温が上がり大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にむくみの因子が隠れています。 残業、終電帰りの食事会、深夜に放送されるスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当作りや食事の下準備…。お肌に良くないと承知していても、実際の生活においてはしっかり睡眠を取れていない人が大半を占めるでしょう。 審美歯科(しんびしか)とは、美に主軸を据えたトータルな歯科医療のひとつ。歯の役目には機能的な一面と、清潔感を与えるなどの審美的な側面があり、共に健康に関わる大事な要素であることは周知の事実だ。 スカルプの状態がおかしくなる前に正しくケアして、健康的な状況を維持する方が賢明です。コンディションが崩れてから気を付けても、改善までに時間がかかって、お金はもちろん手間もかかります。 左右の口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みはますますひどくなっていきます。しっかりと口角を持ち上げて笑顔でいるように意識すれば、弛みも防げるし、何より外見が素敵になりますよね。 アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を投薬だけで良くしようというのには残念ながら幾分無理があります。生活環境や趣味など生活全てのテーマまで視野を拡大した治療方針が必要になります。